〒815-0083 福岡県福岡市南区高宮1-8-18

完全予約制 

092-526-6331
HOME院長・スタッフ紹介医院紹介診療案内交通アクセス

インプラント

インプラント 福岡市南区

HOME»  インプラント

インプラント

インプラント

インプラントとは、失ってしまった自分の歯の代わりに、チタンの人工歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作製して噛み合わせを回復する治療法です。
インプラントは固定性であるためにガタついたりせず、入れ歯ではどうしても満足する事が難しかった「食べる・話す」事も、インプラント治療により自分の歯と同じような感覚を取り戻す事ができます。
部分床義歯、総義歯(全部床義歯)とも、患者様個々に合わせた人工歯を実現する事ができます。
また奥歯においては、咀嚼効率と対磨耗性を向上させるために、噛み合う部分を金属で製作する事が可能です。
インプラントは、大きく分けて、歯根にあたる部分になる「インプラント体」と、歯にあたる部分である「インプラント上部構造」とで、成り立ちます。
手術の概要としては歯根に相当するインプラント体を、顎の骨に埋入する手術を行い、骨とインプラント体がしっかり結合するのを、3ヶ月から6ヶ月間待ちます。
その後、人工の歯の支台となる部品を、インプラント体に連結します。
インプラントを含めた口の中全体の型取りを行い、人工の歯を製作、アバットメント上に装着します。
取り付ける人工の歯も、他の歯との噛み合わせやバランス等を考慮した、精密で機能的な歯を作る事ができます。

インプラントの材質

インプラントの材質

人工歯根には、チタンが使用されます。
チタンは人体への親和性が高く、心臓のペースメーカー等にも使われている材料です。
チタンは、金属でありながら、骨と直接、結合する特性を持っています。
また、チタンは金属アレルギーの報告がない材料としても知られています。

インプラントと他の治療の違い

歯が1本抜けている場合、従来の治療法では両側の歯を削り、ブリッジという方法が取られていました。
しかし、インプラントなら抜けた部分のみにインプラントを行う事ができるので、他の歯を削る必要はありません。

たくさんの歯が抜けている場合、従来のブリッジなら残っている歯だけで、噛む力を支えなければなりません。
この噛む力はとても大きなものです。
インプラントにすると、本来の歯数のバランスがとれますので、咬合圧(噛む力)による負担が少なくなります。

奥歯が抜けている場合、従来の方法では、取り外しする入れ歯でしたが、インプラントにすると、取り外さないですむブリッジが入れられますから、しっかりと固定され安心して食事ができます。
インプラント、それは「入れ歯」や「ブリッジ」あるいは「差し歯」に変わる治療として開発された、画期的な新しい治療法です。

歯が抜けた場合、抜けた歯の代わりに、自然の歯に近い人工の歯を入れる事によって、より自然体のより美しい歯を取り戻し美味しく食べる事ができます。
さらに、健康と美容のためにも、インプラント治療を考えてみましょう。